介護 無資格 就職

無資格から介護業界への就職を目指す人は、
介護の求人情報を多数載っている求人サイト「カイゴジョブ」に登録をしてみるといいでしょう。

 

カイゴジョブに会員登録をすることによって、
無資格の人でも希望に合った仕事を全国から探し出すことが出来ます。

 

自分の住んでいる地域で介護の就職先を探すこともできますし、
これから引越す予定がある場合にも、新しい土地での求人情報を自宅にいながら探すことも出来ます。

 

就職先の探し方としては、どの地域で探したいのか、どんな職種で働きたいのか、雇用形態はどういったものがいいのか、
無資格の人でも対象なのかといったことから選んでいくことが出来ます。
介護の仕事とは言っても、ヘルパー、送迎ドライバー、事務など幅広い職種がありますので、
どんな風に介護の仕事に携わっていきたいのかによって探すこともできるでしょう。
資格がある人ない人も、未経験の人もカイゴジョブであれば仕事を探すことが出来ます。

 

介護の仕事は、必ずしも資格がなければ働けないというわけではありません。
介護の仕事は無資格の人だとしてもできる仕事はたくさんありますので、
未経験でも介護の世界に挑戦をしてみたいのであれば、自分にできる仕事ができる就職先を探して働くようにしてみるといいでしょう。

 

就職してから仕事を通じて経験を積み、介護資格を取得した方がいい場合もあるからです。

 

また介護職は誰かの役に立つ仕事です。
介護の仕事をすることによって、直接相手から感謝をされることになりますし、役に立てているということを喜びに感じることが出来るでしょう。
誰かのためになる仕事というのはとてもやりがいを感じられる仕事です。
無資格からでも介護の仕事に就職する人も多い時代です。
介護の仕事に興味を持ったあなたはカイゴジョブに登録し、挑戦してみましょう!

 

 

 

 

介護職は、広く門戸が開かれた業界であり、少子高齢化が進行中とあって、求人を見つけやすいのが特徴です。
しかし、介護施設の入居者に対してサービスを提供する関係上、適切な対応ができるだけの知識と技術を要求されます。
介護施設の種類によっても勤務内容が大きく異なるので、自分が希望する仕事であるかどうかの情報収集から始めなくてはいけません。

 

 

無資格のフリーターであっても介護職に就けるのですが、
初心者ということで、「サポートが手厚い求人サイト」を利用した方がより満足度の高い勤務先を見つけられます。

 

未経験で介護職への就職を目指す場合は、アルバイトの立場で介護の現場に入ってしまうか、
あるいは、現在の仕事を続けながら介護関係の資格を取得して、有資格者として就職活動をするのかの2つが主なルートです。

 

前者を選ぶ場合は、介護職の求人が豊富にある求人サイトがおすすめであり、
フリーターのメリットを活かして、すぐに現場で働きながら即戦力を目指せます。

 

いっぽう、後者としても求人サイトが役立ち、介護関係の資格を取得するためのサポートや、資格取得後の就職支援といった様々なメリットがあります。
求人サイトでは、介護職としての長期的なキャリアプランについても言及しているので、
目先の就職だけではなく、将来的にどのようなポジションで働きたいのかを考えるキッカケを掴めるのです。

 

正社員になりやすい介護業界だからこそ、
フリーターから専門職へのステップアップを真剣に考えて、それに見合った実務経験を積んでいきましょう。

 

求人サイトでは、介護業界の特徴や、すでに活躍している人の体験談といった情報が多く掲載されており、業界研究としても有益な内容です。

 

無資格のフリーターから安定した正社員になるだけにとどまらず、
長期的に働けて、なおかつ、やりがいがある職場を見つけていくには、
多くの求人を扱ってきた実績がある求人サイトの力を借りるのが一番の近道になります。

 

 

個人で介護業界の求人を探そうとしても、どこにどのような介護施設があるのかを調べるだけで大変ですし、それぞれへ問い合わせをしなければ求人の有無が分かりません。
その点、求人サイトでは、採用する意欲がある介護施設などの情報だけが掲載されているのでムダがなく、しかも採用基準についても推測しやすい構成になっているので便利です。
利用者の目線で情報提供を行っているので、無資格だけど介護業界に入れるのだろうかといった疑問にも答えてくれるサイトになっています。

 

よくある質問については回答集があるから、求人サイトの運営や求人を出している会社に問い合わせなくても、基本的な知識を身につけられます。
フリーターとして活躍していると、正社員としての志望動機の書き方といった就職活動の基本を忘れてしまいがちですが、求人サイトでは基礎からアドバイスしてくれるので安心です。

 

求人サイトによっては、登録時にコンサルタントに相談できる仕組みになっており、
無資格のフリーターから介護職へ就職するための具体的なアドバイスをもらえます。

 

需要が大きい介護業界だけに、やる気があれば働けるチャンスがあるので、
今の仕事を続けることに不安を感じたら、自分にとって魅力的なサービスがある求人サイトへ登録してみましょう。
登録時には簡単な個人情報の入力だけで済むから、インターネット環境さえあれば、空き時間に気軽に行えます。

 

求人サイトをじっくり読むだけで一通りの知識を習得できるので、介護業界への理解から求人の検索までスムーズに進められます。
無資格でも多くの方が活躍しているため、後は自分が勇気を出して行動するだけです。
自分が必要とされることを実感できる介護業界で、無資格のフリーターから第一歩を踏み出してみましょう。

 

 

介護の仕事にはたくさんやりがいがある
介護を初めて約1年が経ちますが、介護の仕事をしてみて働く前とはイメージが違いました。最初は辛いだけでストレスを溜めてしまうんじゃないかっと勝手なイメージをしていましたが違いました。なぜ違ったかというと介護の仕事に魅力を感じてしまったからです。私の場合は老人ホームに勤めているのですが、そこに入居されている方の優しさに触れてしまったからです。私達介護する人達が逆に癒しを与えられているからです。簡単なお世話をしても1人1人お礼の言葉を言われます。私は人の役に立てているという実感を受けていて、私達が癒しをあげなければいけないというやりがいにさせられました。以前ではお年寄りの方の食事の世話やトイレの世話をしたり毎日単調な仕事だとイメージしていた私なんですが介護の仕事をしたことで、介護に対する気持ちが変わりましたし、何より介護された方の無邪気な笑顔やありがとうの言葉にこちらが救われている感じです。老人のみなさんに何ができるのか、どうしたら寄り添えるようになれるのかという人の為になることを考えさせてくれる最高の職業だと思いますし、介護のやりがいとはやればやるだけ分かってくるものだなと再認識致しました。

 

 

休憩出来ない不満
私の勤めている有料老人ホームでは、満床で30名の入居者様が生活されています。職員は18名ほどで、1日平均7名で交代勤務をしています。施設の方針としては「当たり前の暮らしの継続、具現化」「入居者を尊重してサポートすること」「家族同様の身近な支援者」を掲げているんですが、老人ホームという雰囲気ではなく自宅のような暮らし作りを目指しています。

 

それがまた大変で、やはり対人関係の仕事というのもあって思うように休憩出来ないことがほとんどです。昼食は施設で食べるんですが、お弁当を持参したりコンビニで買ったりと職員によって様々ですが、入居者様の昼食時間に休憩に入る職員は「入居者様と一緒に昼食を食べる」というルールになっています。黙って食べるわけにもいかず、色々話をしたり服薬介助をしたり下膳をしたりと、結局は動くことになります。それも休憩時間に含まれる為、正直損をしている気分です。休憩時間も施設内のリビングや中談話室などの入居者様がいる場所での休憩になるので、ホッと一息つける気がしません。

 

そんな感じであっという間に休憩が終わり業務に戻り、慌ただしく動き回っています。常に時間に追われて業務をこなし、自宅に帰れば子ども達をお風呂に入れたりご飯の支度をしたり、ゆっくり座る暇もなくて大変です。介護職ではこれが当たり前なのかもしれませんが、やはり休憩くらいはゆっくり休みたいです。